SMILE FOREST

とろろのアフィリエイト備忘録

*

QJ有安杏果特集感想

      2015/12/19


本気で生きるアイドル

僕がももクロのライブに初めて参戦して、ももクロにどっぷりはまるようになったのは、2014年1月だ。なので、僕が見始めたももクロの姿は、国立が決まり、順風満帆でどんどん進んでいく、楽しい姿だった。

けれど、ももクロのことを好きになるにつれて、そこに至るまで、彼女たちが乗り越えてきた様々な試練を知った。

ももクロをトップアイドルと呼んでも誰も否定しないようになった今でも、ももクロちゃんたちは日々、様々な次なる試練に立ち向かっている。

ももクロは、本当にすごい。

QJ有安杏果特集では、僕がももクロを知る前に彼女たちが越えてきた壁と、有安杏果の奮闘記が記されていて、涙を堪えられなかった。

そして、それらを乗り越えてきた杏果、そしてももクロが、もっと好きになった。

壁を階段へ変える

2013年1月、ももクロは国立競技場を目指すことを宣言した。国立競技場が2014年に取り壊されると知りながら。なので、彼女たちの夢が叶うのは、本人たちも、改修した7年後以降だと思っていて、それは本当に「夢」だった。

そんな夢を宣言したと同時に、杏果は喉の状態の悪化により、一切声を出すことを禁止された。

歌手である彼女が、その声を封じられるということが、どれだけ辛い事だったか、僕の想像では実際彼女が感じていたそれには遠く及ばないだろう。

パフォーマンスにはダンスだけの参加。取り残された緑色のマイクを見て、どれだけ胸を痛めていたのだろうか。

しかしそんなことも杏果はプラスへと変えていった。

二度と喉を傷めないように、新しい歌唱法を身に着け、そのおかげで喉の負担が減ったので、それからはよりたくさん練習を積めるようになったという。

声を出せず悔しい思いをした数か月を乗り越え、彼女は自分がもっと成長できることを知った。

そして1年かけて新しい歌唱法でのパフォーマンスが完璧なものとなった、ももいろクリスマス2013。まさかの国立競技場ライブ決定。

ここまでの物語は何度読んでも胸が熱くなる。

目の前に立ちはだかった大きな壁。しかしももクロにとってそれは、見上げて畏怖するものではなく、わくわくしながら登って次の景色まで導いてくれる道しるべのようなものなのかもしれない。

状況を嘆くなんて無駄なことはしない。考えているのは常に前。その状況をどう良くするか。それを体現するのが杏果であり、ももクロだ。

そんなのをみせられて、自分も頑張りたいって思わないはずないじゃないか。

そんなふうに喚起して、良い方向へ引っ張ってくれるのが、ももクロなのだ。素晴らしい。

プロフェッショナル杏果

杏果は自分のライブ映像や音源をとてもよくチェックする。メンバーに「自分のとこ以外とばしてみる。自分にしか興味が無い」なんてちゃかされるくらい。

その理由は、自分がどうみられているのかとても気にしているからだ。それは彼女のプロフェッショナルな部分だと思う。

幼少期からずっと芸能界に身を置いているからだろうか、杏果は知っている。見られるということを。

だからこそ常に「他人から見た自分」を意識し、どう見せるかを考えている、研究しているのではないだろうか。

どうすればもっと良く伝わるのか。どうすればもっと遠くまで届くのか。

モノノフのことをとっても考えてくれる杏果だからこそ、どう見せるかということはとても大切なのだろう。

この特集を読んで、彼女の表現者としてのプロ意識の高さがとても伝わってきた。だからこそ彼女のパフォーマンスには目を惹きつけて離さない魔力が宿るのだろう。

杏果はいつだって本気でBESTを目指すことを考えている。そんな真っ直ぐすぎる彼女の笑顔に、モノノフはいつだってとろけてしまうのだ。

 

 - ももクロ , , ,